Taichi Nishishita
Architect & Associates
Blog

奈良・慈光院

2023.06.12

先日、京都での物件の打合せがあり、関西へ出張に行ってきました。出張の機会があると、大阪・兵庫・奈良・京都…と、各県の行きたい場所へ足を運びます。今回訪れた場所の一つ、奈良の「慈光院」。

参道、書院、本堂…と一連に体験していくと、住宅のような小さな居心地の良さを感じつつも、寺院としての秩序や清閑さを感じ取ることができます。

高尾田の家|お花見

2023.05.16

4月のこと。昨年に引き続き、「高尾田の家」にてお花見。
今年は普段から仲良くしてもらっている「井門町の家」のご夫婦とお邪魔しました。北側の川・土手・桜並木を正面にして建つ「高尾田の家」。住宅の計画はよく南側にひらくことが良いとされますが、敷地によってはそうとは言いきれません。このお家のような周辺環境では、北向きの窓から順光に照らされた景色を臨むことができます。

北斎院の家|和菓子の会

2023.02.28

昨年引き渡したクライアントの家にて、「和菓子の会」にお呼ばれしてきました。
可愛らしい茶菓子とお茶をいただきながら、この家での生活のことや、季節ごとの庭の草木の様子についてお話ししました。

ご主人がお餅を焼いてくれました。庭に囲まれた土間テラスで、頻繁に七厘を楽しんでいるそうな。暮らしを楽しんでくださっている様子がとっても嬉しい。

奥さんのおもてなしや生活の知識、センスが素敵。ちょっとした小物や生活の道具一つ一つに思い入れを感じられる。丁寧な暮らしってこういうことだなぁ。

甘いものと一緒にちょっと塩気。なるほどなぁ。俺は全然そういうの知らんなぁ。どのクライアントも素敵な方ばかりで、引き渡し後にお邪魔するといつも感激します。

モノは少なくシンプルな暮らしなのに、物足りない感じは全くなく、むしろ豊かな空気に満ちている。それは一つ一つのものが丁寧に扱われ、静かに輝いているからだろう。

次は七厘で魚を焼いてくれるとのこと、、楽しみです!

奈良の友人建築家を訪ねて

2023.02.08

奈良で設計施工の工務店をされている建築家の友人、門脇誠介さんの自邸を尋ねました。数少ない心で語り合える仲間。訪れたのはこれで2回目になりますが、何度行ってもため息が出ます。

1階には家族が自然と集うリビング、2階にはそれぞれが静かな時間を過ごすための、巣穴としての寝室。それらが吹き抜けでおおらかに繋がっていて、とても心地の良い空気感とあたたかさに満ちた住処。

細部への気遣いや建築家なりの試みも、あらゆるところにあらわれていて、とても刺激になりました。

設計の話、仕事の話、最近考えていることなど、、ゆっくり語り合い、刺激し合える存在がいることはとても尊い。

穏やかなスタート

2023.01.23

今年の初詣は、伊予稲荷神社にスタッフさんたちとお参りに行ってきました。例年、別の神社にお参りに行っていたのですが、毎年たくさんの人でごった返していて。今年は少し穏やかにお参りできないだろうかと、ふと思いついて立ち寄ってみました。境内は比較的こじんまりとしていて、人もほぼいない静かな空間。

山を背に建つ稲荷神社。
神社の裏手を登っていくと、瀬戸内海が一望できる、開けた場所にたどり着きました。一年のスタートにふさわしいような、おだやかで青々とした海と空。

散歩のときは、「こっちにいってみよう」と、直感的におもしろそうな方向へ足を進めることがよくあるのですが、こうやって決められた場所から少し逸れた道を散歩してみると、思ってもない発見があったりします。

帰りは伊予市にある「八助うどん」へ。子供の時から家族でよく食べに行っていた、あつあつの鍋焼きうどんがたまらなく美味しいうどん屋さんです。寒い冬は特に、身体が温まります。

来年以降も、新年のお参りはこのコースで決定です。

2023年ご挨拶

2023.01.04

飛び出し過ぎず、引っ込み過ぎず。
願い過ぎず、無頓着でもない。

今年もきっと揺れます。
でも大丈夫。

仲間もいるし、僕には軸があります。

一日一日を笑顔と感動で満たします。
今年もよろしくお願いします。

2022年振り返り

2022.12.29

“今が人生の過渡期だなぁ。。。”

だなんて「常に」言い続けているような気がして、過渡期とは??と自分に突っ込みたくなるような、そんな激動の日々でした。

県外の方や法人のクライアントも増えてきて、新しくスタッフさんを迎えたり、非住宅の仕事もチラホラ頂いたりしています。

日々新しいことに満ちていることに嬉しさを感じつつ、一方で地に足をつけて、謙虚にやらなきゃな~とも。

そんな中でもコンセプトブックやyoutube、HPの改定など自分を見つめ直す機会もしっかりとれたことは、この一年の大きな成果でした。

変わらないものと変わっていくもの。流されるままに生きていくのではなく、自分なりに舵をとって生きていきたいと、この年の瀬に改めて思います。

今年も残すところ、あと僅かです。お身体を労わって頂きつつ、穏やかな時間が流れることをお祈り申し上げます。では、最後はニール・ゲイマンの大好きな一節で。

“みなさんの新年が、魔法と夢と、善良なる狂気に満たされますように。”

讃岐緑想|研修旅行

2022.11.29

少し前のことですが、スタッフのみんなで讃岐緑想に行ってきました。
香川県三豊市の父母ヶ浜を背に建つ、堀部安嗣さんの手がけた「泊まる住宅」です。

聞き逃してしまうほど平凡な言葉

2022.07.25

ぽつぽつと気ままに続けてきたインスタも
こんなに多くのフォロワーさんに恵まれました。

ふとした瞬間に起こること。
ふとした瞬間に思うこと。

それらを流れるままにするのではなく、
自分の感覚というフィルターを通じて濾過し、
時に掬い上げ、時に反芻してみる。

新スタッフ|ご挨拶と自己紹介

2022.06.10

初めまして、新スタッフの有田です。
今回のブログは、ご挨拶と自己紹介を兼ねて、私有田が投稿します!

2022年ご挨拶

2022.01.03

「本気」より「根気」。

つい肩に力が入りがち年始ですが、
本当に大切なことを曇りなき目で捉え、
丁寧に淡々と積み重ねていくだけです。

中庸の姿勢で、
心はやさしく穏やかに、
ほほ笑みとジョークを絶やさずに。

今年もよろしくお願いします。

2021年振り返り

2021.12.28

新しいこと、初めてのことに満ち満ちた一年。

振り返るとそのように思います。

そんななか、一つ一つの歩みを流れるままにすることなく、仕組みによって丁寧に積み重ねられたこと。

そして、どんな場面でも「文章にする」ことを常に意識し、インスタを中心に価値を発信し続けられたこと。

大満足の一年でした。