Taichi Nishishita
Architect & Associates
Blog

2022年振り返り

2022.12.29

“今が人生の過渡期だなぁ。。。”

だなんて「常に」言い続けているような気がして、過渡期とは??と自分に突っ込みたくなるような、そんな激動の日々でした。

県外の方や法人のクライアントも増えてきて、新しくスタッフさんを迎えたり、非住宅の仕事もチラホラ頂いたりしています。

日々新しいことに満ちていることに嬉しさを感じつつ、一方で地に足をつけて、謙虚にやらなきゃな~とも。

そんな中でもコンセプトブックやyoutube、HPの改定など自分を見つめ直す機会もしっかりとれたことは、この一年の大きな成果でした。

変わらないものと変わっていくもの。流されるままに生きていくのではなく、自分なりに舵をとって生きていきたいと、この年の瀬に改めて思います。

今年も残すところ、あと僅かです。お身体を労わって頂きつつ、穏やかな時間が流れることをお祈り申し上げます。では、最後はニール・ゲイマンの大好きな一節で。

“みなさんの新年が、魔法と夢と、善良なる狂気に満たされますように。”

HPリニューアルとYouTubeチャンネル開設

2022.12.26

ホームページが新しくなりました。
僕たちは、建築を「つくること」だけでなく、「伝えること」をとても大切にしています。

形を説明する建築写真ではなくて、空間や場所のもつ空気感を表現していきたいと、長らく思っていました。

コンセプトブック申込受付中

2022.12.06

地道に製作を進めていたコンセプトブックがようやく完成しました。

当社へのご依頼を検討してくださっている方向けにお送りさせて頂きますので、ご希望の方は公式LINEより是非お申込ください。

・・・・・

かねてから自分自身の具体的な建築の手法や表現だけではなく、その根底にあるものを見つめ直してみたいと思っておりました。

分かりやすい言葉に翻訳しようとせず、伝わりにくくても、自分自身の内なる言葉で、感じているままに書いています。

讃岐緑想|研修旅行

2022.11.29

少し前のことですが、スタッフのみんなで讃岐緑想に行ってきました。
香川県三豊市の父母ヶ浜を背に建つ、堀部安嗣さんの手がけた「泊まる住宅」です。

聞き逃してしまうほど平凡な言葉

2022.07.25

ぽつぽつと気ままに続けてきたインスタも
こんなに多くのフォロワーさんに恵まれました。

ふとした瞬間に起こること。
ふとした瞬間に思うこと。

それらを流れるままにするのではなく、
自分の感覚というフィルターを通じて濾過し、
時に掬い上げ、時に反芻してみる。

WORKS更新|鳥ノ木・善応寺・井門町の家

2022.07.05

GW前後にかけて5邸撮影した内、3邸の写真が完成しました。どの家も完成してすぐの撮影ではなく、暮らしがひと段落してからの撮影でした。

どのお客さまも日々の暮らしを愉しんでらっしゃる様子が垣間見られ、とても嬉しいです。肩ひじ張らずにいながら、どこか少し背筋が伸びるような、そんな暮らしぶりです。

一つ一つ思い入れのあるプロジェクト。設計打ち合わせの日々、現場での一つ一つのできごと、、、いろんなことが思い出され感無量です。

ぜひご高覧くださいませ。

イエプロ2022-2023

2022.06.29

6/30より発売の「イエプロ2022-2023」に今年も掲載いただいています。

新スタッフ|ご挨拶と自己紹介

2022.06.10

初めまして、新スタッフの有田です。
今回のブログは、ご挨拶と自己紹介を兼ねて、私有田が投稿します!

鳥ノ木の家|見学会のご案内(※終了)

2022.02.22

期間|3/5(土)~5/4(水)
時間|9:00~15:00 (1時間1組の予約制)
場所|伊予市鳥ノ木団地内
予約|公式LINEのみにて

公式LINE開設のお知らせ

2022.01.07

公式LINEは「星岡の家|見学申込」をはじめ、面談前の簡単な質問にお答えする場としてご利用いただけます(*当社からの営業的な配信はございません)。

下記のリンクよりご登録下さいませ。

僕自身、普段の仕事でメールを使うことはほとんどなくなり、お客さんとも業者さんともLINEでやり取りをしています。同様にお客さん側も「メールはほとんど使ってなくて。。。」という方が増えてきた印象です。

少しでも気軽にお問合せ頂くきっかけになればと思います。
どうぞよろしくお願いいたします。

2022年ご挨拶

2022.01.03

「本気」より「根気」。

つい肩に力が入りがち年始ですが、
本当に大切なことを曇りなき目で捉え、
丁寧に淡々と積み重ねていくだけです。

中庸の姿勢で、
心はやさしく穏やかに、
ほほ笑みとジョークを絶やさずに。

今年もよろしくお願いします。