Taichi Nishishita
Architect & Associates
Blog

静かな世界

2019.01.18

模型を作っては壊し、スケッチを描いては破り捨て、図面を引いては全て消し、空想に耽っては現実に戻される。幾度も幾度もそれを繰り返し、いつの間にか「成った」図面が出来上がる。これまでの苦労がまるで無駄だったかのように、軽やかに。

家族の風景

2019.01.14

香川に引き続き、昨日も新しく設計のご依頼を頂いているお客さんの土地を見に行かせて頂きました。「稲荷の家」「塩屋の家」を見学に来ていただく中で気持ちを固めて下さったようです。嬉しい限り。ご夫婦・お母さま共、とても品の良いお方で見習いたいです。

これまでたまたま郊外の開けた土地が多かったですが、今回は周囲を建物に囲まれた街中での計画です。どんな敷地であっても、必ず内なる心が開かれていくような空間を作りたいと思っています。内向的でありながら、窮屈でなく、静けさをたたえたような、、、光を内側に包み込むような。漠然とそんなイメージが浮かんでいます。

今日、お客さんとあれこれとお話ししながらふと思ったのは、現在設計中のお客さんも含め、これまでのどの方も、「なんだか、いい夫婦だな」ということ。夫婦間のコミュニケーションが円滑で、いい距離感というか、空気感というか。。。

西下家も良い家族にしていきたいなと改めて思った一日でした。

香川進出

2019.01.13

香川県で設計依頼を頂いている現場へ昨日ようやく行ってきました。ながらくお待たせしてしまっていたにも関わらず、とても快く迎えて頂き感謝。土地と施工をして下さる工務店さんの初訪問でした。一度現地に立ってしまうともう思考が止まりません。どんな家になるか、楽しみですね。

スタッフ募集

2019.01.07

西下太一建築設計室はスタッフを募集しています。

クラウド上に仕事内容をアップして、各々が任意のタイミングで仕事できるような仕組みにしています。もちろん、ある程度仕事を覚えていただくまでは研修に来ていただきますが、個々の状況に合わせた「圧倒的な働きやすさ」を構築することが目標です。

現在は、お子さんが生まれたばかりでちょっとした隙間時間に仕事をしたいという女性や60歳を迎え本格的な仕事は離れつつも建築に対して経験と熱意があり、社会との接点を求めている女性がお手伝いをしてくれています。

これからの時代の新しい働き方、設計事務所の在り方を常に考え続けていきます。

履歴書は適宜インターネットよりダウンロードいただき、PC入力の上、応募時にメールにて添付ください。合わせて直近2週間で面談可能な候補日時を列記頂ければと思います。ご応募、お問合せお待ちしております。力を合わせて、やりがいに満ちた仕事をしていきましょう。



<勤務時間>
・フレックスタイム(月間30時間以上)
*在宅勤務可(お仕事をある程度覚えるまでは事務所でお願いします)

<仕事内容>
・図面の入力、模型製作、他

<応募条件>
・私のこれまでの仕事や建築の考え方に共感がある
・JW-CADが扱える
・月間30時間以上働ける
・長期的に継続して働く意思がある
・ノートパソコンを持っている
・自宅にWi-Fi環境がある
*入社一か月目は仕事を集中して覚えるため、50時間以上をお願いします

2019|本年もよろしくお願い致します

2019.01.04

明けましておめでとうございます。皆さま穏やかな年末年始を過ごせましたでしょうか?私は家族を連れてレオマワールドに行ってきました。初めての遊園地に娘たちも大喜び。そのはしゃぎっぷりに心癒されました。

「圧倒的な情熱」

今年の私のテーマです。精神論的な表現になってしまいますが、自分の若さと情熱に自信を持ち、謙虚に精一杯駆け抜けたいと思います。

今現在、本当に多くの皆さまから設計のご依頼やご相談を頂いており、数か月お待たせしてしまっている方々もおられます。お声がけ頂けるだけでも本当にありがたいこと。必ず、必ず期待に応えたい。

東京から愛媛に戻り、3年が経ちました。事務所の体制もキチンと整え、関わる皆さまから多くの刺激と学びを得つつ、邁進します。

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。