Taichi Nishishita
Architect & Associates

竣工までの流れ

1. ヒアリング

まずはメールやお電話にて、気軽にお問い合わせください。その後、実際にお会いして直接お話を伺わせていただきます。メールにてヒアリングシートをお送りさせていただきますので、事前にご記入いただければと思います。

土地探しについて

土地を購入前の方は土地を探しからご一緒させていただくことも可能です。不動産会社を紹介したり、購入を検討している土地に対して建築家の視点からアドバイスを致します。建築家というフィルターを通すことで、法的な要件が計画にどう影響するか理解出来たり、間接的に土地にかかるコストが見えてきたり、欠点と思えた所が長所に思えてきたり、といったように様々な気付きがあるかもしれません。

2. ファーストプラン作成

ヒアリングの内容をもとに、ファーストプランを作成します。作成に伴って敷地状況の確認や法的な要件の整理をします。

3. プレゼンテーション

図面・模型・スケッチ等によりご提案をさせていただきます。また間取りだけではなく、家づくりの大まかな予算組やスケジュール、打合せの流れに関してもお話しさせていただきます。契約前のプラン提出は一回までとさせて頂いております。もちろん初回の提案のまま全てを進めていかなければならない訳ではなく、打合せを経て、計画はみるみる豊かに成長していきます。計画案そのものはもちろんですが、私の建築に対する考え方や人となりを見ていただき、それらを元に今後進めていけそうかご検討いただきます。

4. 設計監理契約

ご依頼を頂ける場合、設計監理契約を取り交わします。併せて建築士法に基づいた法定書類の交付もさせて頂きます。
*図面・資料の著作権は西下太一建築設計室に帰属します。契約に至らなかった場合は返品願いますと共に、図面の転用は固くお断りしております。
*設計監理契約時:設計監理料の25%

5. 基本設計

打合せを重ねながら、最終的なプランを決定します。また、資料やサンプルをもとに、主な仕上げの素材や設備機器などを決定します。

6. 実施設計

基本設計をもとに工事に必要になるすべての仕上・仕様を決めていきます。図面もより詳細に描いていくことで、工事見積の精度を高めます。
*実施設計完了時:設計監理料の25%

7. 工事見積・契約

選定した工事施工者に見積りを依頼します。初回見積もり提出に1か月程度頂き、その後、見積金額をもとに見積もり及び図面・仕様の調整を行います。
*工事請負契約時:設計監理料の25%

8. 建築確認申請

工事施工者決定後に、建築確認申請手続きを行います。

9. 工事着工・工事監理

工事施工者と工事請負契約を取り交わして頂き、工事に着工します。工事が設計図通りに行われているか第三者の視点で監理し、法令で定められた審査機関による各種検査への対応をします。また、各職人・現場監督との技術的な打ち合わせなど、現場を進めながらもより良い建築になるようアイデアを出し続けます。

10. お引渡し

検査機関・工事業者・設計者・建主により工事完了の検査をします。お引渡し前には写真撮影や完成見学会などをさせていただく場合がございます。
*引渡し時:設計監理料の25%