Taichi Nishishita
Architect & Associates
Blog

安居渓谷

2018.10.16

先週末家族で高知県の安居渓谷に行ってきました。趣味を聞かれる時は「銭湯にいくこと」と「渓谷にいくこと」と答えていますが、渓谷にいくと本当に心が洗われます。松山から車で3時間圏内には本当にたくさんの渓谷があることを知り、今年もかなりの回数渓谷に出かけました。面河・滑床・滑川・小田深山・中津川・安居・時屋・・・etc。どこも素晴らしいですが、安居渓谷は自分の中ではかなり良かった

盲目の人々|見学会の御礼に代えて

2018.10.08

現代美術作家ソフィ・カルの作品に「盲目の人々」というものがあります。

これは生まれつき視覚の無い方々に「あなたにとって美とは何ですか?」と問うものです。とても残酷な質問にも思えるのですが、目の見えない方はこの質問にとても深い回答をされるそうです。

・・・・・・・

Q.あなたにとって「美」とは何ですか?

A.私にとっての「美」とは海です。或いは緑です。或いは魚です。或いは毛皮です。星空です。或いは羊。或いは白という色です。

・・・・・・・

私たちはどうしても視覚に頼って、「美」を頭だけで理解しようとしがちですが、実際には第六感までの全てが「美」を感じる情報源となっています。

建築設計は未だ存在しないものを「図面」という視覚に頼った情報に変換する作業です。しかしながら、その図面には音・におい・肌触り・揺らぎ・奥行き・記憶など全てに想いを馳せ、それらを落とし込まなければなりません。

西石井の家の設計を通して、そんなことを考えました。そして、その漠然とした想いが建築に表現され、来場いただいた皆様に少しでも感じていただけたなら幸いです。

ご来場いただいた皆さま、ありがとうございました。そして何より見学会にご協力いただいた建主さま、本当にありがとうございました。

住宅見学会|西石井の家

2018.09.25

<西石井の家・完成見学会>

期間|10/7(日)・8(月・祝)
時間|10:00~17:00(予約不要)
場所|下記リンクを参照ください

土地面積25坪に対し、延床面積はわずか20坪。狭小住宅への取り組みでした。

左官職人による塗り壁、無垢の木材、木製窓、石貼りのお風呂、造作キッチン、家具など、小さな家だからこそ、濃密で見応えのある内容になっております。

予約不要ですのでふらりとお立ち寄りいただき、ゆっくりと佇んでいってください。ご来場お待ちしております。

西石井の家|左官工事

2018.09.13

今日は左官さんが10人以上入って一斉に仕上工事。外壁はそとん壁の掻き落とし仕上げ。ふわりと優しく、温かみのある仕上がりに思わずうっとりします。掻き落としの作業はずっと眺めていたくなるような魅力があります。

建主さまにも現場に来ていただき、仕上がり具合をお見せしたり、左官のあれこれについてお話をしました。現場で一緒にお話しできる機会をたくさん設けて頂き、嬉しい限りです。

内部の左官工事も同時進行中。塗り具合を左官さん、私、建主さまで一緒に検討しました。ある程度意向を伝えたら、やっぱり最後は職人さんを信頼してお任せするのみです。皆さんとても気さくな方たちばかりでありがたいです。

毎日現場が楽しみでしょうがないです。明日は浴室の石貼り工事。これもまた楽しみです。

城辺の家|上棟

2018.09.11

城辺の家が無事上棟しました。室内も切妻型の勾配天井とし、中間に受梁や束を設けたくなかったので、10M弱の高強度の棟木をかけました。このスケールの住宅にしては圧巻のサイズの棟木に胸が躍ります。

連日雨続きだったのが、嘘のように爽やかな建方日和でとても気持ちの良い一日。初めての愛南町の物件ということで、初めてのお付き合いとなる工務店さんですが、大工の皆さんをはじめ、見ていて心地よいチームワークにこちらも安心。これから始まる内部造作も楽しみです。

職人の皆さま、ありがとうございました。
建主さま、本日はおめでとうございました。

天窓の光

2018.09.06

西石井の家も間もなく木工事が終わり、仕上工事に進みます。狙い通りの光が取り入れられていることを確認し、安心。

天窓も美しい光が落ちてくるよう納まりを密に検討しています。個人的には人が常時いるようなところではなく、部屋の隅とか廊下・階段のようなところに配置するのが良いと思っています。光の美しさだけでなく、リモコンで開閉し夏場の熱気を逃すのにも効果的です。

写真は階段室につけた天窓。これから漆喰で壁を仕上げます。漆喰の質感が天窓の光によって、より魅力的になっていくことを期待しています。

塩屋の家|上棟

2018.08.27

塩屋の家が無事上棟しました。農家住宅でほぼ平屋の低い建物ですが、屋根が大らかで清々しいです。屋根の美しさはとても大切なことです。垂木のかかった瞬間が私は一番好きですね。暑い中、作業してくださった職人の皆さま、本当にありがとうございました。

WORKS更新|上吾川の家

2018.08.23

WORKSに「上吾川の家」の竣工写真をアップしました。木造平屋の小さいながらも伸びやかな家です。さりげない佇まいになっております。ぜひご高覧ください。

掲載のお知らせ|archidaily

2018.07.26

archidailyという海外の建築系ウェブサイトに稲荷の家を掲載いただきました。自分自身学生の頃から見続けていたサイトに掲載頂き、光栄です。ぜひご高覧ください。

掲載のお知らせ|Leibal

2018.07.25

Leibalという海外のデザインウェブサイトに稲荷の家を掲載いただきました。非常に洗練されているサイトで私も良い刺激を受けています。ぜひご高覧ください。

インスタグラムページ開設

2018.07.21

インスタグラムに実績をアップしました。写真がずらっと並ぶとなんだか嬉しいものです。

住宅見学会・ご来場御礼

2018.07.17

「上吾川の家」「稲荷の家」の見学会も無事終了しました。まずもって建主さんに心より感謝いたします。

今回も来場者数が約80名と大変盛況な会となりました。充分なご対応ができたか不安ですが、皆さんゆっくり佇んでいってくださり、嬉しい限りです。特に見学会のリピーターの方が多く、懐かしい顔ぶれに私も心が軽やかになりました。

「上吾川の家」は明日引き渡しとなります。少し寂しい想いもしますが、建主さんのこれからの暮らしに優しく寄り添える建物であり続けることを願っています。