Taichi Nishishita
Architect & Associates
Blog

稲荷の家・春の見学会終了

2018.05.07

「稲荷の家」春の見学会も無事終わりました。

今回も本当にたくさんの方にご来場いただき、ありがとうございました。完成して半年してからの見学会ということで住まい手の生活感をそのままお見せする見学会になりました。こういうのもリアリティがあって、良いですね。また、生命力に溢れた春のお庭をしっかりと感じて頂けたと思います。

見学会は終了しましたが、こちらの家はご予約いただければいつでも個別にご案内が可能です。今回来れなかった方、写真を見てご興味を持たれた方などお気軽にお問い合わせください。

稲荷の家・住宅見学会のお知らせ

2018.04.19

<住宅見学会のお知らせ>


期間|2018年5月3日(木・祝)~5日(土・祝)
時間|10時~18時(予約不要)
場所|愛媛県伊予市稲荷555ー3

四季を感じ、時を経るごとに美しくなる家。どんな時代の変化や流行にも左右されない、普遍的な暮らしの豊かさについて考える見学会です。住まい手の生活感が建物に馴染み、外壁の板貼りも新築当初と比べて少し落ち着いた風合いになってきたように思います。特に春ということもあり、庭は生命力に溢れ、輝きを増しています。

スタッフも少人数でしっとりと静かな賑わいのある見学会にしたいと思っております。予約不要ですのでふらりとお立ち寄りいただき、ゆっくりと佇んでいってください。美味しい珈琲を飲みましょう。

*日時のご都合の合わない方は別日に個別でご案内も可能です。

上吾川の家・上棟

2018.04.14

「上吾川の家」が昨日無事上棟しました。農地転用もあり、着工までかなり時間がかかりましたが、ようやく。
ツーバイフォー工法ですが、通常スタッドよりあえて短くして階高をぐっと抑えています。軒出は1350mm。潔い佇まいの家になりそうです。

近所の素敵な公園

2018.04.04

近所に素敵な公園を見つけました。 近くに美味しいパン屋があり、 この時期は桜が綺麗なこともあり、家族で頻繁にピクニックにいきます。写真の通り、綺麗な水がこの公園の一番の魅力で、訪れる度に心が洗われるようです。

人が何かを心地いいと思える条件ってそんなに複雑なものじゃなくて、水とか土とか緑とか炎とか、、、そんなものなんじゃないかと思います。人間の意志とかコントロールの及ばない範疇にある「揺らぎ」とか「不確かさ」に僕は安らぎを覚えます。

あまり大それたものじゃなくても、こういったエッセンスを建築にほんの少し添えるだけで、随分と豊かな暮らしになるように思います。

図面という真っすぐな線の集合体を描きつつも、心の中では「柔らかさ」とか「豊かさ」というものに焦点を当て続けたいものです。

わからないことをわかろうとして、でもわからないまま

2018.03.19

知りたいと思っても、相手がはるか遠く高いところにいるので決してわかることができない。わかることはできないとわかっていても、魅力的に存在しているから知りたくなる。


人は古来、この好奇心と探求心によって多くの思想や芸術をつくりあげてきた。ここが科学との違いである。わかってしまいたくないという気持ちが知りたい気持ちの裏側にいつも存在している。

今、建築は不自由だ。芸術的な側面と科学的な側面を同じくらい持ち合わせてはいるけれど、多くの場合は“わかる”ことが求められる。芸術的な側面は置き去りになり、科学的な側面が重視されていく。“そんなことはない”と思いつつも、世の中が建築に期待することの大半が科学的になっているから、知らず知らずの間にその求められていることに忠実に応える癖がついてしまっている。“わからない”とは言えなくなっている。

建築は果たして進歩しているのだろうか。その問いに関して私は、科学的には進歩しているかもしれないけれど、芸術的には後退している、と応える。

~中略~

様々なことが科学的に解明されてきた現代にあっても、依然としてわかろうと思ってもわからないのが“自然”なのではないだろうか。わかろうとすることは大切だと思うけれど、どんなに科学的な技術を駆使しても決してわかるものではないだろうという認識をもち、自然の前に屈する覚悟と準備が必要なのではないだろうか。

わかることを目的にして急ぐのではなく、わからないことをずっとわかろうとして、でもわからないまま。そんな人の気持ちを肯定したい。人がみなそのことを肯定できるのであれば、建築はもっと自由で穏やかでいられるような気がする。

・・・・・・・・・・

上記は尊敬する建築家の文章の引用です。ふと、生物学者であるレイチェル・カーソンの「センス・オブ・ワンダー」を読み終えた時の感覚を思い出します。

建築にできることは何か、建築の役割とは何か。常に問い続けなければならないと思う。

春の訪れ

2018.03.18

ようやく椿が咲いた。
苔を小鳥がむしって困った(餌になる虫がいるのかな?)。
小鳥が木の実を食べているのを眺めている。
鳥の巣箱をつくろうか。
ギボウシはまだ出てこないかな?

庭を持ち、豊かな暮らしが始まっているようです。
春ですね。

事務所の朝

2018.03.06

事務所の朝。時折訪れる幻想的な風景。
冷たい朝の空気がなんとも心地よい。

形にする

2018.02.25

クライアントと共にものづくりの現場へ。作り手の現場や想いに触れる中で何かを感じ取ってもらいたいのと、体験を共有することで今後の打ち合わせに良い作用が働くよう願って、ご案内しました。

片道二時間弱の車中でポツリポツリとお話しできた色々な事。きちんと受け止めて形にしていきたい。

ラフスケッチ

2018.02.19

人に見せるつもりもない、自分が考えるためのスケッチが建主に好評だったりする。

人に見せようと意識すると、どうも線が固くなってしまうので、ラフなスケッチの方が僕も好きだ。

散歩

2018.02.15

ここのところ、現調の際に対象となる敷地に滞在する時間よりも、その周辺を散策する時間の方が圧倒的に多くなりました。周囲の街並みとか、点景、街の空気感、光の質感など感じ、ぼんやりとイメージを膨らませながらしながら散歩します。この「散歩」が具体的に設計の何に繋がっているのか、表現するのは難しいですが、なくてはならないものという確信は間違いなくあります。

設計は些細なディティールの積み重ねですが、建築の「質」とか「考え方の方向性」など、もっとぼんやりしたものの中に本質が隠れているように思います。

設計が具体的になるにつれ、些細な部分に捉われ、大きな方向性を見失いそうになる時があります。建築はつまるところ「全体感」が最重要。現調の度に、ふと我に返ります。

薪割り

2018.02.14

事務所には薪ストーブがあり、僕のこの季節の朝の日課は薪割りです。薪ストーブにはエアコンのような「手軽さ」はありませんが、本物の「豊かさ」があるように思います。

明け方の冷たい空気をいっぱいに吸って、無心に斧を振る。捉えようによっては「面倒くさい」仕事ですが、こういった日々の暮らしの何気ないシーンに「豊かさ」が宿る建築を作っていきたいと思います。

薪ストーブ

2018.02.06

昨夜のこと。引き渡しを終えた「稲荷の家」にて薪ストーブの取材がありました。久しぶりにお邪魔しましたが、生活感が出てきてホッとする空間になっていました。そして温かい。。。朝でも20℃前後の室温になっているようです。

工事中の現場も楽しいですが、こういった住み始めてからの姿を見るのも良いものです。またお邪魔させていただきます。